日本語ドメインのSEO的見解

SEOに強いと言われる日本語ドメイン。何のサイトであるか、ドメインを見ればすぐにわかる日本語ドメインはアフィリエイターにも人気である。しかし、日本語ドメインのデメリットを知れば使用していく人は減っていくはずだ。

日本語ドメインは長さとサイトの伸びしろの部分に着目

今最も旬なドメインは日本語ですが、焦って対応する必要は無いですし、従来型の方が好ましい事もあります。
そのため、どういった部分が向いているのかを的確に判断し、自分が考えているサイトにマッチしていると感じたら導入しましょう。
ただし、せっかく導入するのであれば最も恩恵が得られる方法を採用する事が好ましいです。
そこで、世間的に話題性が高いワードを使ってアクセス数を高めるという方法を取り入れてみましょう。
現在、それぞれの大手検索エンジンは日本語ドメインに対して熱い視線を注いでおり、優遇措置を講じている企業もあるほどです。
そのため、キーワードを入力してサイトに来てくれる方を取り込みやすいというメリットがあるのです。
しかし、他のウェブサイトを経由して来て頂いたり、SNSで積極的に情報発信していこうという場合は逆効果になる可能性を含んでいます。
こうした強みを活かし、既に確固たる検索ワードを持ってサーチするニッチなファンを囲い込む時には最善策と言えるでしょう。
世間一般には知名度が低いとも言えるワードであっても、一部のコアなファンが居るというような場合は、アルファベットを並べて単語を作るより圧倒的に集客力が高まります。
ところが、言葉の長さが長くなり過ぎるとせっかくのメリットを無くしてしまう事になりかねないので、長さは短めにするという事を念頭に置いておきましょう。
そして、検索エンジンからの集客力には定評があるものの、口コミの評価によりアクセスが高まるということは無いので、継続的に運営を進めていってもブランド力を構築させる能力はあまり高くありません。
つまり、今後長い目で見て存在感を大きなものにしたい時は日本語ドメインは避けましょう。

上へ
戻る