日本語ドメインのSEO的見解

SEOに強いと言われる日本語ドメイン。何のサイトであるか、ドメインを見ればすぐにわかる日本語ドメインはアフィリエイターにも人気である。しかし、日本語ドメインのデメリットを知れば使用していく人は減っていくはずだ。

フッターにドメイン名を入れて権利を主張する

ドメインを取得する人の多くは、個人や会社でサイトやブログを作成することが珍しくありません。
テキスト中心のサイトになるか映像中心かは作成者によって異なりますが、伝えたいことや広げたいことを扱うことが多いです。
自分が作成した内容を公開していても、あまり心配しない人もいるでしょう。
公開されているサイトを見ると、フッターの部分に似たような表記を見つけるかもしれません。
他の人が書いているから、自分も書いた方がいいのか悩む人もいるでしょう。
フッターに書かれている似たような表記は、著作権者を明確にするためのものです。
作成したのは自分なので、わざわざ表記しなくてもいいと考える人もいるかもしれませんが、念のため表記した方がいいかもしれません。
著作権の表記をしよう。
自分のサイトに著作権者が誰なのか書くとしたら、フッター部分を選ぶといいでしょう。
フッターに記載しているサイトが多いので、他の人に合わせるといいです。
そのサイトを作成した人の権利を主張するものなので、必ず書くようにしてください。
書かなくても問題ないと説明されることもありますが、書いてある方がサイト全体が引き締まって見えます。
表記の仕方にもいろいろな方法がありますが、比較的使用者の多い方法を採用するといいでしょう。
権利を主張するときは、サイトを作成した年数を加えてください。
取得したドメイン名を加えることで、本格的なサイトに見えます。
これからドメインを取得してサイトを公開する予定なら、著作権のことにも詳しくなりましょう。
なくても問題ないと言われることもありますが、特別な理由がない限り書いた方がいいかもしれません。
サイトを作成するときは、権利についても学ぶといいです。

上へ
戻る