日本語ドメインのSEO的見解

SEOに強いと言われる日本語ドメイン。何のサイトであるか、ドメインを見ればすぐにわかる日本語ドメインはアフィリエイターにも人気である。しかし、日本語ドメインのデメリットを知れば使用していく人は減っていくはずだ。

ドメインとクックパッド、レンタルサーバーについて

誰もが情報をインターネットに掲載できるクックパッドのようなサイトが出現したのも、今となっては過去の話となりました。現在はクックパッドのような独自ドメインのサイトを、多くの人が構築できるようになりつつあります。
クックパッドのようなサイトを独自ドメインで作るには、自分でサーバーを用意することもできますが、レンタルサーバーも活用できます。レンタルサーバーのプランは大きく分けて二つあります。一台のサーバーを多くのユーザーで利用する共有サーバーと、一台のサーバーを一人のユーザーで使用する専用サーバーです。あるいは、この中間的な位置づけのバーチャルプライベートサーバー(VPS)というサーバーもあります。共有サーバーではスペックが不足する可能性があるので、専用サーバーやVPSを検討するのも良い選択です。あるいは、最初は共有サーバーを選択して、サイトが育ったら途中で上位スペックのプランにアップグレードするという方法もあります。
サーバーにはワードプレスなどのソフトウェア、およびMySQLなどのデータベースをインストールする必要がありますが、これらに対応しているレンタルサーバーは数多くありますので、サイトの規模に合ったプランを選ぶことができます。
独自ドメインの取得も、手続きが簡単になり、料金も身近になりました。独自ドメインはレンタルサーバーの会社でも扱っていますし、ドメイン取得専門の会社もあります。ドメイン取得専門の会社でドメインを取得して、レンタルサーバーは別途契約することも可能です。ドメインそのものはどこで取得しても品質は同じですが、手続き上のトラブルを避けるため、信頼の置ける会社で取得するのが良いでしょう。

上へ
戻る