日本語ドメインのSEO的見解

SEOに強いと言われる日本語ドメイン。何のサイトであるか、ドメインを見ればすぐにわかる日本語ドメインはアフィリエイターにも人気である。しかし、日本語ドメインのデメリットを知れば使用していく人は減っていくはずだ。

ドメインでネットワークを組むこととチェッカー

ドメインとは、それぞれ一人ずつが持っているメールアドレスと同じものであり、また、住所のようなもの、として例える方がおられますが、その通りのものです。

つまり、分かりやすく言えば、1人ずつが持っているものであるけれども、同じものは必ず存在しない、それがドメインというものであり、メールアドレス、パソコンのURLなどがこれにあたります。

そして、このドメインを「組む」ということなのですが、例えばサイトの管理人などをしている人の場合には、サイト名をドメインの中に組むこともあります。
または、サイトやブログ、このようなものを自動的に作成してくれるサービスなどでは、自動的にそのサイト名なりブログ名などが、ドメインの中に組みこまれます。
そのため、サイト名が自動的に入ることが嫌で、もっと別の名前をドメインに組みたい場合には、自分自身でそのドメインの変更出来る点については、変えてしまうことも可能です。

ただ、例えば、一般的には使うことが出来ないタイプのものを使用しようとしても、組むことは不可能になっています。
また、ブログなどを運営している際に、所謂、低俗な卑猥なもの、子どもなどに悪影響を与えるもの、差別的な発言になっているようなタイプのドメインに関しては、チェッカー、つまりチェックする機能が働くことによって、作成が出来ないこともあります。

これは、公的にサイトを運営していく上では当たり前のことであり、またアフィリエイトなどをそのサイトなどが行っている場合には、そのような卑猥なURLなどに関しては、アフィリエイトの運営会社の方で、チェックをかけて、そこでサイトの停止依頼が来るケースもあります。

あくまで、差別的なものでなく、皆が楽しめるようなタイプのものを作るべきである、とされているからです。

上へ
戻る