日本語ドメインのSEO的見解

SEOに強いと言われる日本語ドメイン。何のサイトであるか、ドメインを見ればすぐにわかる日本語ドメインはアフィリエイターにも人気である。しかし、日本語ドメインのデメリットを知れば使用していく人は減っていくはずだ。

日本語ドメインでのSEOは小手先テクニック

Googleはクロールして収集したインデックスを、検索キーワードに応じてランキングするのに、評価基準として200以上のアルゴリズムを採用しています。その詳細は公表されていませんが、ランキングに影響するとされる大筋のポリシーはキーワードと被リンク、そしてコンテンツだと考えられています。
これらの要素を前提に、日本語ドメインがSEOに好影響を与える可能性を考える場合、関係するのはキーワードということになります。しかし、実際のところ、本当にキーワードとして評価されているのかどうかについて、Googleのアナウンスはありません。そもそも、日本語に限らずドメインがキーワードとして評価されているというアナウンスもありません。また、常識的に考えて、ドメインをキーワードとして単純に評価するような方式をGoogleが採用しているということはないでしょう。キーワードをむやみに含むドメイン名が氾濫することになりますし、また、Googleの検索結果がドメイン名に左右されるのでは、Googleのサーチエンジン自体の信頼性が損なわれるからです。
したがって、日本語ドメインによるSEO効果は限定的ということになります。限定的というのは、つまり全く効果がないというわけではないということです。というのも、検索結果ではマッチしたキーワードが強調表示されるので、キーワードにマッチしたドメインも強調表示されることから、ユーザーがクリックする確率は高くなるからです。キーワードを含んだ日本語ドメインを使用することで、検索結果で強調表示が出来るということになります。これはSEO的にはCTR(クリック率)を向上する可能性があるということになりますので、限定的ではあるものの、全く効果が見込まれないわけではないということです。

日本語ドメインのデメリット、メルアドの問題

第三レベルドメインを自由に設定できるのが独自ドメインの良い点。特に、日本語を用いた場合、サイトのSEO対策としてはかなりの効果を見込めるためおすすめです。
しかし、日本語をドメイン名に用いるデメリットも当然あります。メールアドレス名がそのまま日本語では使えず、不規則な英語の文字列へと姿を変えてしまうという点です。日本語ドメインは、サイトでは日本語で表記されているものの、プログラム名表記としては「xn--」から始まる「Punycode」で構成されています。英数字以外の言語で入力された文字列を英数字へと変換、国際化する規格が「Punycode」となるわけです。
例えば、「http://最新パソコン比較.com」というドメイン名を取得した場合、Punycodeで変換される文字列は「http://xn--tckta3d4gn62zuwbmxo0o7e.com」となります。つまり、メールアドレスは「contact@xn--tckta3d4gn62zuwbmxo0o7e.com」となり、スパムメールと判断されても無理はありません。ビジネスの面では信頼度ががた落ちになってしまいます。
また、リンク切れ・リンクエラーのチェックをするツールがまだ日本語ドメインに対応していないので、こちらのデメリットもあります。外部リンクの獲得を重視するSEO対策では不利になる可能性が高いです。しかし、サイトを運営していく上では問題はなく、日本語ドメインが与えるインパクト、そして分かりやすさは直接的にクリック率・アクセスアップに繋がります。このようなデメリットをしっかり把握した上で、サイトでしか使用しない、というのであればぜひチャレンジしてみてください。

jpドメインには特別なSEOパワーがあるのか

結論から言って、jpドメインに特別なSEOパワーはありません。
「co.jp」のみならず「.com」「.net」「.org」などが著名なドメインであり、購入すると割高なドメインです。
値段が高いドメインといえば「.tokyo」などもそうですが、最近では「.site」「.top」といった安いドメインも数多く見られます。
値段が高いほどSEO効果も高いのでは?と思う人もいるかと思いますが、値段とSEO効果には一切の相関性がありません。
日本の企業ならば「co.jp」を使うことで一定の信頼性は得られる可能性はあります。海外からしても住所が日本にある会社というのは多少はプラスに働きます。いわゆるジャパンブランドです。あくまで多少ではありますが、怪しいドメインに比べれば相対的にクリックされる率が高くなったり成約につながったりする可能性はあるでしょう。強いて言うなら、これがjpドメインの唯一のSEOパワーとは言えるかもしれません。
信頼性にせよ何にせよ、結局は「コンテンツの質」が最も大事な要素となってきます。
コンテンツの良さがアクセスを起こし、質の高いページを作ります。そして、新しいページは既にある質の高いページから一気に内部リンクを受けます。このような流れがSEO効果を生みます。
そのため、SEO効果があるという噂で「.jp」にするのは浅はかです。何もしなければSEO対策にはなりません。
会社なのか、非営利団体なのか、個人なのか、性質によってドメインを選定する人は多いでしょうが、あくまでイメージでしかありません。ブランドイメージを保ちながら質の高いページを作ることを意識しながらサイト運営をする必要があります。

上へ
戻る